○御嵩町職員希望降格及び降任制度実施規則

平成12年3月9日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、管理監督者に登用された職員が自らの申出により、下位の職に降格及び降任できる制度を実施することにより、組織の活性化を図り、もって職員の意欲の向上を図ることを目的とする。

(平21規則16・一部改正)

(対象職員)

第2条 この規則の対象となる職員は、御嵩町職員の給与に関する条例(昭和32年条例第17号)第5条第2項の規定により決定された職務の級が4級以上のものとする。

(平18規則13・全改)

(降任又は降格)

第3条 降任は、次の各号に掲げる職員に、当該各号に掲げる職として任用するものとする。

(1) 部長又は参事の職 課長又は室長

(2) 課長又は室長の職 係長又は副室長

(3) 課長補佐の職 係長又は副室長

(4) 係長又は副室長の職 主査

(5) 主任主査の職 主査

(平26規則16・全改)

(希望の申出)

第4条 降任・降格(以下「降格等」という。)を希望する職員は、降格等希望申出書(別記様式)を、所属長を経由し、任命権者に提出するものとする。

(平18規則13・一部改正)

(申出の承認)

第5条 任命権者は、降格等希望申出書の提出があったときは、降格等の適否について判定し、降格等を適当と認めたときは、降格等を承認するものとする。

2 前項の判定において、任命権者は、職員の希望を最大限尊重するものとする。

(降格等)

第6条 任命権者は、降格等を承認したときは、原則として承認の日以後の最初の4月1日をもって行うものとする。

(平18規則13・一部改正)

(この規則により難い場合の措置)

第7条 特別の事情によりこの規則の規定によることができない場合又はこの規則の規定によることが著しく不適当であると認められる場合には、別に町長の定めるところにより、又はあらかじめ町長の承認を得て、別段の取扱いをすることができる。

(平18規則13・旧第9条繰上)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年規則第13号)

(施行期日)

1 平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第16号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第16号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像

御嵩町職員希望降格及び降任制度実施規則

平成12年3月9日 規則第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成12年3月9日 規則第1号
平成18年3月31日 規則第13号
平成21年3月31日 規則第16号
平成26年3月31日 規則第16号