(常設展示室)
原始から現代までの御嵩町の紹介

躍進する御嵩
白鳳期に建立された願興寺廃寺をはじめとした古代寺院の建立と古代の道「東山道」、郷土に残る平安歌人和泉式部と在原行平に関する伝説から、雅の世界を、そして戦国乱世の生きた武将たちの栄枯盛哀、この地で花咲いた中世仏教文化を目の当たりにしていただけます。



東濃の中枢 御嵩
明治維新の風が吹くといち早く政治・文化・教育の中心地として近代化を遂げ、さらに産業エネルギーとして使われた亜炭の産出で名をはたせた御嵩町を紹介します。ことに亜炭採掘坑内の実物模型と映像は、訪れる人を圧巻することでしょう。



まつりと伝承
ここでは、御嵩町の町名由来と鬼岩にまつわる伝承を紹介し、時を超えて今日まで受け継がれた「ふるさとの心」ともいうべき、祭礼行事に目を向け忘れかけた人間味あふれる精神文化に触れていただけます。



隆盛をきわめた御嵩
情報・文化の受容地として、また発信地として大きな役割をはたした宿場町「御嵩宿」「伏見宿」。御嵩宿の縮小模型を中心に、珍獣ラクダの逗留した伏見宿もあわせ、活気にあふれた生活を資料と映像で紹介し、さらに禁断の信仰「キリシタン」を信じた人々の熱い心に触れていただけることでしょう。



御嵩のあけぼの
御嵩町のシンボル「御嵩富士」、国の天然記念物「鬼岩」などの自然、そして1700万年前にこの地に生きたアンネクテンス象などの哺乳動物や植物、さらに縄文・弥生・古墳時代の出土品を、パネル・映像・ジオラマをまじえ展示しています。太古のそして原始古代の御嵩へタイムスリップしてみてください。


| 館内案内 | 広重・英泉の描く中山道美濃16宿 | みたけ館へのご案内図 | 中山道御嶽宿商家竹屋|

| 御嵩町HP |