長岡の観音様 1/4  
     

 ずっと昔の昔のこと。何しろ九百年も千年も昔の平安時代(へいあんじだい)で、有名な藤原一族の勢いが強かった頃、醍醐天皇(だいごてんのう)の承平年間(しょうへいねんかん)とか、後一条天皇(ごいちじょうてんのう)の長元年間(ちょうげんねんかん)とかにあった物語りや。
 そのころ、お薬師様の願興寺は、この近所近在にくらべるものがないほど立派なお寺で、全国から、仏様の有難い教えを説いて歩いたり、修行中の坊さんが大勢来て、境内にある布施(ふせ)寮という建物を宿としておった。