賽(さい)の神(かみ)のきつね 2/10 ページ  
     

あわてることはないさと腹の中で思って、石ころだらけの赤土の坂道を登って、一時間余りもかかって、ようようのことで、賽の神の松が見える所まできた。おぼろ月夜で、通りなれた道は明るい。松の下でひと息入れようか。そんでもこの辺では、よう狐がばかすちゅう話やが、今夜狐がばかすに都合がええで、ひょっとしたら、と思って、つっと見ると松の木の下に、夜目でもようわかるように、白っぽい着物を着た娘が一人立っておった。