賽(さい)の神(かみ) 3/17 ページ  
     

というようなことが書いてあるとこを見ると、昔はなにかまつってあったに違いない。そうすると、この賽の神は、むこうが土岐郡(ときぐん)(今の土岐市)やもんで村境とか郡の境になっとるわけや。
  この賽の神へ行くのに、中切の天王洞(てんおうぼら)からでもええし、美佐野からでも行けるし、平芝の工業団地の奥から、山のねを通っても行ける。その賽の神のとこから久々利(くくり)へ行く道もあったが、なんといっても一番よけい通ったのは、五斗(ごと)まきを通って今の土岐市駅の裏へ出る道や。赤土の石ごろだらけのだらだら坂を約八キロメートルぐらい歩くと駅へつく。