賽(さい)の神(かみ) 2/17 ページ  
     

 賓の神ちっても、ここになんの神様がまつってあるわけやない。恐らく昔は、形のあるなにかがまつってあったに違いないがわしらの小さいころには、なにもなかったし、その時分(じぶん)のお年寄りに聞いてもなにもなかったという。けれども、その松の木にときどきしめなわがはってあったとこを見ると、この木がご神木のような気もするし、松の木の辺が賽の神ちゅう地名とも知れん。 
 「賽の神」ちゅうことを物の本で調べてみると、
○道中を行く人の安全を守る神さま。
○よその村から患い病気が入ってこんように見張りをしとった神さま。