中村八景 3/12 ページ  
     

この大きい石−というより岩といった方がええくらいのもので、大体昔あった近くで−今の御嵩小学校の玄関の両脇にある石がそれや。この石は古墳時代の穴居(けっきょ)あとという人もあるが、前方後円の古墳に使った石であることは間違いない。あんな大きい石は近所にめったない珍らしゅう大きなものでな。昔の人が古墳に使うとて、どこからどうやって運んできたか知らんが長い間に雨や風にさらされたり土が削られたりしてなかから地上へ出たもんや。
 わしらの小さいころは、かっこうの遊び場やったし、その石に腰をおろすと、目の下に町が見えるし、西の方はずっと開けてとてもけしきがよかった。