TOP │ 特典商品 │ 寄付金活用事業 │ 申し込み・納付方法 │ 控除制度 │ 実績 │ 御嵩町について
これまでにたくさんの方からご寄附をいただき、ありがとうございます。
寄附をしていただいた方をご紹介します。
(公開を希望しない方は匿名希望とし、法人の場合株式会社等の表記は略称。 )
○平成20年度~平成22年度  PDF(118KB)
○平成23年度~平成25年度  PDF(103KB)
○平成26年度  PDF(68KB)
○平成27年度  PDF(146KB)
○平成28年度  PDF(119KB)
○平成29年度  PDF(71KB)
ふるさと納税によるこれまでの寄付金の使用実績をご紹介します。
(一例として紹介)
地球温暖化防止その他環境保全事業
○植樹用アオダモの苗木の購入
○エコワット(電気料金表示機器)の購入
○ウッドチッパー(木材破砕機)の購入 など
 写真は、購入したウッドチッパーを使用して「みたけの森(町有林)」を整備している様子です。 破砕した木材を遊歩道に敷くことで、草木が過剰に生い茂るのを防ぐことができます。 資源の有効利用と景観形成の両立を果たす機械として活躍しています。
 平成25年度の寄付分は御嵩町のエコシンボルキャラクターとして様々なイベントに参加し、 地球温暖化・自然環境保全を啓発してくれる「ミーモくん」の着ぐるみ再作成のために使いました。
高齢者等の福祉向上に関する事業
○高齢者生きがい支援センターの備品の購入
○同センターの玄関改修工事
○筋力トレーニングセンターの運営費  など
 写真は、伏見地内の高齢者生きがい支援センター「あっと訪夢」内の様子です。 この写真のテレビやローチェアーが、寄附金で購入した備品です。 特にローチェアーの座り心地は評判が良いです。
 平成25年度の寄付分はあっと訪夢の屋外に置く、テーブル・ベンチセットを購入するために使いました。 地域の方が集う交流の場所になっていています。
将来を担う子どもたちの健全育成に関する事業
○学校内の備品(図書、暖房機など)の整備
○学校内の遊具の修繕
○芸術鑑賞会の運営  など
 写真は、町立伏見小学校に設置されているすべり台です。 平成23年度の予算で修繕され、きれいな色に生まれ変わりました。 児童同士のつながりを深める遊具としても活躍しています。
 平成25年度の寄付分は小中学校での音楽鑑賞や岐阜県交響楽団によるファミリー向けの音楽会などの文化活動に使いました。 また、毎月のあいさつ運動でつかうのぼり旗、家庭教育学級で使う知育玩具など、こどもたちの育成に関することに使いました。
使い道の指定なし
 指定のないものは、町長が使用する事業を指定します。 また、上記以外のものに指定をしたい場合は、寄附時にご相談ください。 思いを反映できるよう、極力配慮します。 なお、これまでには、「名鉄広見線の存続」などで寄附の受付をしております。
 平成25年度の寄付分で名鉄広見線に関しては、広見線を利用してくださる方が増えるよう、  FMららの番組中に名鉄広見線応援CMとして一年間毎日放送するために使いました。
カウンタ