いんろう つるとまつ
名 称 印籠 鶴と松


  写真1    写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
時代・時期 江戸後期
製造年代・使用時期  
西暦・元号  
形状(形態) 印籠
材  質  木 漆 桐
法  量  4.5×3×8cm
員  数  1
製作者   

説 明  印籠に鶴と松の文様、根付は桐に鬼面

出土地:

遺跡名: