とうかいどうきそじき(そでたまどうちゅうさいけんき)
名 称 東海道木曽路記(袖玉道中細見記)


  写真1    写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
時代・時期 江戸
製造年代・使用時期 慶應2年
西暦・元号 1866
形状(形態) 明朝綴 単色墨刷
材  質  和紙、糸
法  量  縦78 横161 厚さ9  (寸法o)
員  数   
製作者  京書林 平野茂兵衛 菱屋弥兵衛

説 明   東海道と中山道を主に伊勢参宮道、秋葉山鳳来寺道、木曽街道、信州善光寺道や江戸ヨリ日光道中、伊勢ヨリ田丸越、伊勢より大和廻りなども記されている。
 伏見から御嶽は桶縄手(鬼の首塚)、願興寺、和泉式部の碑が紹介されている。


出土地:

遺跡名: