とうかいどうごじゅうさんつぎ どうちゅうすごろくめいぶついり
名 称 東海道五十三次 道中双六名物入


  写真1    写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
時代・時期 江戸後期
製造年代・使用時期 安政3年
西暦・元号 1856年
形状(形態) 木版多色刷
材  質  和紙
法  量  縦473 横691 (寸法o)
員  数 
製作者  立川斎国郷 画 辻岡屋文助 板 

説 明  東海道の宿場を双六にしたもの

出土地:

遺跡名: