けいたいようひうちがね
名 称 携帯用火打金


  写真1    写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
時代・時期 江戸
製造年代・使用時期 -
西暦・元号 -
形状(形態) 2つ折り長方形
材  質  鉄、皮、化学繊維
法  量  縦70 横109 幅12 (寸法o)
員  数 
製作者   

説 明   打撃式の発火法で、火打石に打ちつける鉄片。大坂・京都では火打金、江戸では火打鎌とよんだ。

出土地:

遺跡名: