びわようとう
名 称 びハよう湯


  写真1    写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
時代・時期 幕末明治
製造年代・使用時期  
西暦・元号  
形状(形態) 長方形
材  質 
法  量  縦77 横63 mm
員  数   
製作者   

説 明  枇杷葉湯は、枇杷の葉・肉桂・甘茶などを細かく切って混ぜ合わせたものを煎じた汁で、暑気払いや急性の下痢などに用いた。表に「若松、ゆぞうじ町、みさわや」とあるが、どこの町か未確認である。

出土地:

遺跡名: