ようひがんくすりぶくろ
名 称 養脾丸薬袋


  写真1    写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
時代・時期 明治
製造年代・使用時期 明治
西暦・元号  
形状(形態) 長方形
材  質 
法  量  縦142 横100 (寸法o)
員  数 
製作者  小兵衛

説 明  裏面の効能によると、養脾丸とは、腹痛、胸症他多方面の症状に効果ある薬である。茶色の紙に薬畳したものに黒色丸薬27個あり。

出土地:

遺跡名: