トップ > 健康・福祉・介護 > 災害時要援護者避難施設に関する協定
トップへ
災害時要援護者避難施設に関する協定
 保険長寿課(管理番号862)   更新日:2012年1月30日

 大規模な災害が発生し、町指定の第二次避難所(各学校の体育館)等では、一般の避難者との共同生活
が困難な高齢者や障がい者などの要援護者が避難施設として民間の社会福祉施設を利用し安心して避難生活ができる環境を確保するため、御嵩町と町内に社会福祉施設を持つ法人との間で平成21年1月
26日災害時に要援護者の避難施設として使用することについて施設設置者と協定を締結しました。
協定した2法人は以下のとおりです。

★社会福祉法人 慈恵会が運営する4施設       
       御嵩町井尻65番地1   ※特別養護老人ホーム「さわやかナーシングみたけ」
          〃         ※養護老人ホーム「さわやか長楽荘」 
          〃         ※さわやかグループホームみたけ
       御嵩町伏見1882番地1 ※さわやかデイサービスセンター伏見


★メディカル・ケア・サービス東海株式会社が運営する1施設    
       御嵩町上恵土333番地  ※愛の家グループホーム ふしみ
               
          

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 健康・福祉・介護 > 災害時要援護者避難施設に関する協定
トップへ