トップ > 税金・保険・年金 > 個人住民税の特別徴収 Q&A
トップへ
個人住民税の特別徴収 Q&A
 税務課(管理番号762)   更新日:2008年9月19日

Q 今まで特別徴収をしていなかったのに、なぜ、いまさら特別徴収をしないといけない
 のですか?
  従業員数も少なく、特別徴収事務をする余裕もないのですが。

A 地方税法では、原則として、所得税を源泉徴収している事業所(給与支払者)は、従
 業員の個人住民税を特別徴収しなければならないこととされています。(地方税法第32
 1条の4および御嵩町税条例第32条の2の2の規定により、所得税の源泉徴収義務がある事
 業者は、個人住民税の特別徴収義務者として包括的に指定され、住民税を特別徴収して
 いただくことになっています。)


Q 今から特別徴収に切り替えるとなれば、手間もかかります。
 これをすることで何かメリットはあるのですか?

A 住民税の特別徴収は、所得税のように、税額を計算したり年末調整をする手間はかか
 りません。税額の計算は給与支払報告書に基づいて市町村で行い、従業員ごとの住民税
 額を各市町村から通知しますので、その税額を毎月の給与から徴収(天引き)し、合計
 額を翌月の10日までに、金融機関を通じて各市町村に納めていただくことになります。
  また、特別徴収をすると、従業員一人ひとりがわざわざ金融機関へ納税に出向く手間
 を省くことができます。さらに、普通徴収の納期が原則として年4回であるのに対し、
 特別徴収は年12回なので従業員(納税義務者)の1回あたりの負担が少なくてすみます。
  なお、従業員が常時10人未満の事業所には、申請により年12回の納期を年2回とする
 制度もあります(納期の特例の承認)。


Q 新たに特別徴収により納税するためには、どんな手続をすればいいのですか?

A 毎年1月31日までに提出することになっている給与支払報告書(総括表)の右下の
 「前年度分の特別徴収義務者指定番号」の欄に朱書きで「特別徴収へ切替」と記載の上、
 各市町村にご提出ください。
  5月中に各市町村から特別徴収税額の通知があります。

関連情報1: 町県民税の特別徴収(税務課)
関連情報2: 特別徴収税額の納期の特例(税務課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 個人住民税の特別徴収 Q&A
トップへ