トップ > 行政 > 投票の方法(在外選挙制度)
トップへ
投票の方法(在外選挙制度)
 総務課(管理番号512)   更新日:2016年9月27日

■在外選挙制度

 仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。
 

  •  在外投票ができるのは日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され、かつ、在外選挙人証を持っている人です。
  •  在外選挙人名簿への登録の申請は、現在の住まいを管轄する在外公館(大使館・領事館)の領事窓口等で行います。
  •  実際に登録されるためには、その在外公館の管轄区域内に引き続き3か月以上住所を有していることが必要ですが、登録の申請の時点では3か月経っていなくても大丈夫です。
  •  投票の方法は、次の3種類があります。

    ◆ 在外公館で行う「在外公館投票」

    ◆ 郵便等によって行う「郵便等投票」

    ◆ 選挙の際に一時帰国した人や、帰国後間もないため国内の選挙人名簿にまだ登録されていない人が行う「日本国
     内における投票」


     在外選挙人証の申請方法など、詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。

関連情報1: 投票の方法(期日前投票)(総務課)
関連情報2: 投票の方法(不在者投票制度)(総務課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 行政 > 投票の方法(在外選挙制度)
トップへ