トップ > 税金・保険・年金 > 軽自動車税の減免について
トップへ
軽自動車税の減免について
 税務課(管理番号501)   更新日:2015年7月3日

軽自動車税の減免について

 身体に障がいのある方または知的障がい、精神障がいのある方のために使用される軽自動車等
で、一定の要件に該当するものについては、納税義務者等の申請により軽自動車税を全額免除し
ます。

■減免の対象となる軽自動車等

1.軽自動車等の所有者( 納税義務者 )及び台数等
┌―――――――――――┬――――――――――――――――――――――――――┐
|軽自動車等の所有者  |障がい者本人または障がい者と生計を一にする者    |
|(納税義務者)    |                          |
├―――――――――――┼――――――――――――――――――――――――――┤
|減免の対象となる台数 |身体障がい者、知的障がい者又は精神障がい者一人につき|
|           |1台(自動車、バイク等を含む)           |
└―――――――――――┴――――――――――――――――――――――――――┘
 
 
2.軽自動車等の使用目的
┌―――――――――――┬――――――――――――――――――――――――――┐
|障がい者本人が運転する|使用目的は問いません                |
|場合         |                          |
├―――――――――――┼――――――――――――――――――――――――――┤
|障がい者と生計を一にす|障がい者の通学・通院・通所・生業のために使用する場合|
|る方が運転する場合  |                          |
├―――――――――――┼――――――――――――――――――――――――――┤
|障がい者を常時介護する|障がい者の通学・通院・通所・生業のために使用する場合|
|方が運転する場合   |                          |
└―――――――――――┴――――――――――――――――――――――――――┘

■減免の対象となる障害の範囲
 ア.身体障害者手帳の交付を受けている方で、下記の障害の級別に該当する場合
┌――――――――――――――――┬――――――――――┬――――――――――┐
|障害の区分           |自ら運転する場合の |家族介護者が運転する|
|                |障害の級別      |場合の障害の級別  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|視覚障害            |1〜4級      |1〜4級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|聴覚障害            |2、3級      |2、3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|平衡機能障害          |3級        |3級        |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|音声機能障害(喉頭摘出のみ)  |3級        | −        |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|上肢不自由           |1〜3級      |1、2級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|下肢不自由           |1〜6級      |1〜3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|体幹不自由           |1〜3級、5級   |1〜3級      |
├――――――――┬―――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|乳幼児期以前の非|上肢機能   |1〜3級      |1、2級      |
|進行性の脳病変に├―――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|よる運動機能障害|移動機能   |1〜6級      |1〜3級      |
├――――――――┴―――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|心臓機能障害          |1、3級      |1、3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|じん臓機能障害         |1、3級      |1、3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|呼吸器機能障害         |1、3級      |1、3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|ぼうこう又は直腸の機能障害   |1、3級      |1、3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|小腸の機能障害         |1、3級      |1、3級      |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|ヒト免疫不全ウイルスによる   |1〜3級      |1〜3級      |
|免疫機能障害          |          |          |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|肝臓機能障害          |1〜3級      |1〜3級      |
└――――――――――――――――┴――――――――――┴――――――――――┘

 イ.戦傷病者手帳の交付を受けている方で、下記の障害の程度に該当する場合
┌――――――――――――――――┬――――――――――┬――――――――――┐
|障害の区分           |自ら運転する場合の |家族介護者が運転する|
|                |障害の程度      |場合の障害の程度  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|視覚障害            |特別、1〜4項症  |特別、1〜4項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|聴覚障害            |特別、1〜4項症  |特別、1〜4項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|平衡機能障害          |特別、1〜4項症  |特別、1〜4項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|音声機能障害(喉頭摘出のみ)  |特別、1、2項症  | −        |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|上肢不自由           |特別、1〜4項症  |特別、1〜4項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|下肢不自由           |特別、1〜6項症  |特別、1〜4項症  |
|                |   1〜3款症  |          |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|体幹不自由           |特別、1〜6項症  |特別、1〜4項症  |
|                |   1〜3款症  |          |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|心臓機能障害          |特別、1〜3項症  |特別、1〜3項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|じん臓機能障害         |特別、1〜3項症  |特別、1〜3項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|呼吸器機能障害         |特別、1〜3項症  |特別、1〜3項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|ぼうこう又は直腸の機能障害   |特別、1〜3項症  |特別、1〜3項症  |
├――――――――――――――――┼――――――――――┼――――――――――┤
|小腸の機能障害         |特別、1〜3項症  |特別、1〜3項症  |
└――――――――――――――――┴――――――――――┴――――――――――┘

ウ.療育手帳の交付を受けている者のうち、障害の程度が重度(A、A1、A2)と記載されている方
エ.精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者のうち、1級の障害を有する方
オ.軽自動車が、もっぱら障がい者等の利用に供するための構造のもの

■提出書類及び提示書類

1.軽自動車税減免申請書(申請書は役場税務課に用意してあります。)
2.自動車検査証又は標識交付証明書
3.障害者手帳等(原本)
4.運転する方の免許証
5.印鑑
6.納税通知書

■減免申請書の提出期限及び提出先等

・当該年度の納税通知書が届いてから納期限の7日前までに、御嵩町役場税務課へ提出してください。
(TEL 0574-67-2111 内線2154)

 

【確認してください】

  • 減免できるのは手帳をお持ちのかたにつき1台です(普通自動車の減免と軽自動車の減免など1台以上の申請はできません)
  • 申請をされる4月1日現在各種手帳の交付を受けていること
  • 減免を受けようとする軽自動車がリース車両でないこと
  • 軽自動車の名義が手帳をお持ちの方であること(ただし、18歳未満の方の場合や療育手帳の場合はご家族(生計を一にする方)でも可能です。

 


関連リンク
 1:軽自動車税概要と登録廃車手続き等について

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 軽自動車税の減免について
トップへ