トップ > 健康・福祉・介護 > 居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給について
トップへ
居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給について
 保険長寿課(管理番号4797)   更新日:2018年8月31日

居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給について

  介護保険で住宅改修を行う場合は、改修する前に町への事前申請が必要となります。事前申請がない場合は支給
  の
対象となりませんのでご注意ください。
   また、新築・増改築工事と合わせての改修についても支給の対象になりません。

   ●対象となる方
     
要介護及び要支援の認定を受けている方

   ●対象となる住宅改修
      1.手すりのとりつけ
      2.段差や傾斜の解消
      3.滑りにくい床材、移動しやすい床材への変更
      4.開き戸から引き戸等への扉の取り換え
      5.和式から洋式への便器の取り換え

   ●支給額
      20万円を上限に自己負担割合に応じ、改修費用の9割〜7割が支給されます。

   ●手続きの流れ
      1.住宅改修についてケアマネジャー等に相談
      2.施工事業者の選択・見積り依頼
         *平成30年8月から複数の事業者から見積りをとる必要があります。

         見積書は次の様式を参考に作成してください。
         住宅改修工事費見積書(Excel)(69KB)
            

      3.町へ事前申請書提出
      4.町の承認後、着工/工事費の支払い
      5.現場写真(改修前後)、工事費の領収書を町へ提出
      6.住宅改修費の支給(自己負担割合に応じ、費用の9割〜7割)

   ●必要書類
     ■事前申請
       介護保険居宅介護・介護予防住宅改修費支給申請書
       理由書
       住宅所有者の承諾書
       見積書 (上記【住宅改修工事費見積書】を参考に作成してください。)
       平面図
       改修前の写真

     ■住宅改修後に必要な書類
       工事費の領収書
       改修前後の写真


関連情報1: 御嵩町の第7期介護保険料について(保険長寿課)
関連情報2: 介護保険料の納め方(保険長寿課)
関連情報3: 御嵩町の介護保険の現状と課題(保険長寿課)
関連情報7: 介護保険 将来推計について(保険長寿課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 健康・福祉・介護 > 居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給について
トップへ