トップ > 財政 > 電源立地地域対策交付金について
トップへ
電源立地地域対策交付金について
 総務防災課(管理番号4105)   更新日:2017年11月9日

 

1.電源立地地域対策交付金とは

 私たちの生活に不可欠な電気は、発電所など、電気を生産する地域によって支えられています。この電源立地地域対策交付金は、電気の消費者や消費地が受け取る恩恵の一部を、発電所などが所在する地域に還元するため、電気の消費者が電気料金と合わせて徴収される電源開発促進税を原資とし、電気の生産地に対して交付されるものです。

 

2.町が交付を受けている交付金

 御嵩町は、新丸山発電所などの4つの水力発電所と、瑞浪市に所在する超深地層研究所の周辺地域に所在する自治体として、電源立地地域対策交付金の交付を受けています。

 

3.電源立地地域対策交付金の使途

 御嵩町では、この電源立地地域対策交付金を、住民の福祉向上等に資するため、次の事業に充てました。

 【平成28年度実績】

 事業名称

 事業費(千円)

  交付金額(千円)

 義務教育就学児福祉医療費助成事業

 33,093

 30,000

 御嵩町立施設運営事業

 103,238

  98,898

 中山道みたけ館・海洋センター・給食センター・ことばの教室運営事業

 16,738

 12,817

 合計

 153,069

 141,715

  事業評価報告書

 義務教育就学児福祉医療 ・御嵩町立施設運営事業 ・中山道みたけ館等運営事業

 ★各年度の交付金の使途状況については、毎年、翌年度5月号の町広報誌に掲載しています。

 ★全国の電源立地地域対策交付金の使途状況(資源エネルギー庁HP)


 担当課 総務部 総務防災課 財政係(電話0574-67-2111 内線2212)

  

 

 

 



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 財政 > 電源立地地域対策交付金について
トップへ