トップ > くらし・環境 > 地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価
トップへ
地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価
 企画課(管理番号3872)   更新日:2016年8月17日

御嵩町では、地上デジタル放送の難視聴解消や、その他地域と同等のサービス(CATV事業者により多チャンネル放送サービス、ケーブルインターネット接続サービスなど)を提供し、地域間の情報格差の是正と地域の活性化を図ることを目的に、平成21年度に「地域情報通信基盤整備推進交付金」の交付を受けて、HFC(Hybrid Fiber Coax 、ケーブルテレビ網のネットワーク構成方法の一つで、光ファイバーと同軸のケーブルを組み合わせたもの)方式によるケーブルテレビ網の整備を行い、平成23年2月よりサービスを開始しました。

今回、事業開始から5年を経過したことから、地域情報通信基盤整備交付要綱第8条により事業評価を実施し、その内容を公表します。

 

地域情報通信基盤整備推進交付金事業 事後評価(PDF)(113KB)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > くらし・環境 > 地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価
トップへ