トップ > 子育て > 病児保育の広域利用
トップへ
病児保育の広域利用
 福祉課(管理番号3715)   更新日:2016年4月13日

病児保育について

 

 病気の回復期、または病気の回復期に至らない状態にあり、当面の間症状の急変が認められないお子さんで、保護者が仕事の都合等で保育できない場合に、病児保育を実施する施設でお子さんを預かることができます。

 御嵩町内では病児保育を実施している施設はありませんが、可児市との広域利用に関する協定の締結により、可児市内の病児保育施設を利用することができます。

 

 

利用可能施設


・可児さくら保育園(所在地:可児市広見1352−2、TEL:62−6688)

・梶の木保育園(所在地:可児市川合220−2、TEL:60−0667)

 

 

対象児童


乳幼児〜小学校6年生まで

 

 

利用方法 


1 事前に施設へ電話連絡し、利用状況の確認をお願いします。

2 かかりつけの医師の診察を受け、「御嵩町病児保育連絡票」を記入してもらってください。(文書発行料がかかる場合があります。)

3 施設へ行っていただき、「病児保育申込書」を記入してください。記入後、担当の方と面談します。

4 面談の際またはお迎えの際に利用料金をお支払いください。

 

 

利用時間


 

可児さくら保育園

梶の木保育園

8:00〜18:00

8:00〜19:30

8:00〜18:00

8:00〜19:30

8:00〜18:00

8:00〜19:30

8:00〜18:00

8:00〜13:00

8:00〜18:00

8:00〜19:30

8:00〜17:30

8:00〜13:00

※日曜・祝日・年末年始は利用できません。

※上記以外にも都合により利用できない場合がありますのでご了承ください。

 

 

利用料金


2,000円/日 (食事を希望される場合は別途400円)

※ただし、梶の木保育園については、5時間以内の利用に関しては1,000円

 

 

持ち物


バスタオル、タオル3枚、着替え2〜3枚、下着2〜3枚、ビニール袋(着替え等を入れるもの)5枚程度

(必要なお子さん) ⇒ おむつ5枚程度(名前を書いてください)、おしりふき、よだれかけ等

※詳細は電話連絡の際に確認されることをおすすめします。

 

 

その他


・利用人数の状況、病気の種類や症状によっては利用できない場合があります。

・学校感染症に指定されている感染症などには対応できません。

 

 

問い合わせ先

 福祉課児童福祉係

 TEL:0574−67−2111(内線2113)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 子育て > 病児保育の広域利用
トップへ