トップ > 環境モデル都市の推進について > 低炭素杯2016「ベスト長期目標賞」を受賞!
トップへ
低炭素杯2016「ベスト長期目標賞」を受賞!
 環境モデル都市推進室(管理番号3623)   更新日:2016年2月18日

 御嵩町が進めている環境モデル都市の取り組み目標などが評価され、低炭素杯実行委員会(委員長 三菱総合研究所理事長 小宮山 宏)から「ベスト長期目標賞」に選ばれ、表彰を受けました。

 今回、「ベスト長期目標賞」を受賞した自治体・企業は17団体(自治体7、企業10)。

 本町は、平成25年3月に国より「環境モデル都市」に選定され、平成26年3月に環境モデル都市行動計画(アクションプラン)を策定。平成26年度より同行動計画に基づいた取り組みをはじめました。

 今後は、この受賞を励みに各取り組みを進めていき、数値目標としている平成30年度に温室効果ガス排出量10%削減(平成21年度比)をクリアし、実績でも認めてもらえるようにしていきたいと思います。

  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 環境モデル都市の推進について > 低炭素杯2016「ベスト長期目標賞」を受賞!
トップへ