トップ > くらし・環境 > 犬の飼い方について
トップへ
犬の飼い方について
 住民環境課(管理番号3391)   更新日:2016年5月26日

 

犬の飼い方について

 

  犬の登録をしてください。

   「狂犬病予防法」により生後91日以上の犬は登録し、鑑札を犬につけて

   おくことが義務づけられています。

  登録は生涯1回です。登録をしないと罰金を課せられる場合があります。

  犬が死亡した場合は、死亡届の提出が必要です。登録、死亡届について詳

しくは役場住民環境課へお問い合わせください。

 

●狂犬病の予防注射を年1回受けさせてください

  予防注射後には注射済票の交付を受け、それを犬につけておくことが、義

  務づけられています。特別な理由もなく注射を受けさせない場合は、

  20万円以下の罰金を課される可能性があります。

  ※狂犬病は過去の病気ではありません。予防注射は流行を未然に防ぐこ

とになります。

 

  犬のフンなどを放置せず、必ず片付けてください。

  御嵩町飼い犬等のふん害の防止に関する条例により、「飼い主は、飼い犬等

  を連れて歩くときは、“ふん”を処理するための用具を携行するなどし、

“ふん”をしたときは、直ちに“ふん”を回収しなければならない」と規

定されており、違反した場合は2万円以下の罰金を課される可能性があります。

回収した“ふん”は、燃えるごみとして処理してください。

 

 ●犬の習性等を正しく理解して、最後まで責任を持って飼ってください

 

  ●繁殖を希望しない場合は、必要に応じて不妊・去勢手術等の繁殖制限をしましょう。

 

 ●飼い犬が人を噛んだ時は、すぐに保健所へ連絡してください。

 

 ●飼い犬がいなくなった時は、すぐに役場、保健所、警察署へ届けてください。  

 

 ●飼えなくなった時は、適正に飼養できる新しい飼い主を探してください。

 やむを得ずどうしても飼えなくなった場合は、中濃保健所へご相談ください。

 

●犬が死んでしまったときは、火葬場に連絡し、手続きを行ってください。

 【可茂聖苑】美濃加茂市西町7−13  0574−26−2622 

 

 

  御嵩町役場:67−2111(内線2124、2125)

  中濃保健所:25−3111

  可児警察署:61−0110

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > くらし・環境 > 犬の飼い方について
トップへ