トップ > 税金・保険・年金 > Q&A 年の途中で土地・家屋を売買したら、固定資産税はどうなるの?
トップへ
Q&A 年の途中で土地・家屋を売買したら、固定資産税はどうなるの?
 税務課(管理番号260)   更新日:2012年4月11日


Q 平成24年2月に自分の土地と建物を、知人に売りました。所有権の移転登記も済み
  ましたが、平成24年度の固定資産税は、月割りで減額されるの?



A 地方税法の規定により、固定資産税は、賦課期日(1月1日)現在の所有者に課税され
  ます。

  仮に、年の途中で土地や建物を売買し、所有権が変わっても、1月1日現在に所有権
  があれば、固定資産税の納税義務がかわることはありません。また、月割計算で固定
  資産税の金額が減ることもありません。

  固定資産税は1月1日現在で所有権があるかどうかがポイントです。





 お問い合わせはこちらまで

   ┏                 ┓
     税務課 資産税係        
     電話 0574−67−2111  
     内線 2152・2153     
     Mail zeimu@town.mitake.lg.jp
   ┗                 ┛

関連情報1: 固定資産税の概要(税務課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > Q&A 年の途中で土地・家屋を売買したら、固定資産税はどうなるの?
トップへ