トップ > 税金・保険・年金 > 特定疾病について(国民健康保険)
トップへ
特定疾病について(国民健康保険)
 保険長寿課(管理番号2389)   更新日:2017年6月26日

◆特定疾病に係る特例

 人工透析や血友病など高額な治療を長期間にわたって継続しなければならない方については、費用負担を軽減する特例が設けられています。

 

◆対象となる疾病(厚生労働大臣が認めるもの)

  • 人工腎臓(人工透析治療を必要とするもの)を実施している慢性腎不全
  • 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第[因子障害または先天性血液凝固第\因子障害(血友病)
  • 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者※に係るものに限る)

    ※ 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症に関する医療を受けている者

 

◆自己負担限度額

 原則として1か月1万円です。

 ただし、「人工腎臓を実施している慢性腎不全」の治療を受ける70歳未満の上位所得者については、1か月2万円です。

 

◆特定疾病療養受給者証の交付申請

 この特例を受けるためには、「特定疾病療養受療証」が必要です。

 次のものをお持ちになり、国民健康保険窓口で申請してください。

  • 国民健康保険被保険者証
  • 認印
  • マイナンバーカード個人番号カード(注) 
  • 医師の診断書
    (所定の様式 こちらからダウンロードできます。特定疾病認定申請書(PDF)(57KB))

※ 社会保障・税番号制度の開始にともない、平成28年1月1日以降の国民健康保険の各種届出等にマイナンバー
 (個人番号)を記載していただくことになりました。
   手続きの際は、個人番号及び本人確認のため
マイナンバーカード個人番号カードをお持ちください。

(注)マイナンバーカードをお持ちでない場合は、次の書類等で個人番号確認、本人確認をさせていただきます。
    @通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
    A次のいずれか
     <顔写真付きの身分証明書> 1点
      運転免許証、パスポート、住基カード、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
      雇用保険受給資格者 など
     <顔写真なしの身分証明書等> 2点
      医療保険証、年金手帳・年金証書、介護保険証、福祉医療等受給者証、官公署発行の本人宛郵便物、
      氏名・住所が記載された公共料金等領収書 など

◆特定疾患治療研究事業(岐阜県)について

 国の定める特定疾患の治療に係る医療費の全部又は一部を補助する岐阜県の制度です。

 詳細については、岐阜県特定疾患治療研究事業のページをご覧ください。

 


関連情報1: 自立支援医療(福祉課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 特定疾病について(国民健康保険)
トップへ