トップ > くらし・環境 > 屋外広告物について
トップへ
屋外広告物について
 建設課(管理番号237)   更新日:2017年5月18日

 
屋外広告物について

 
  皆さんは身の回りで店の看板や広告塔、ポスターなどの「屋外広告物」を見かけることがよくあると思います。
 もし、広告物が無秩序に表示さていると街の景観に悪影響を与えたり、管理が適切に行われず強風や地震などに
 よって通行人などに危害を及ぼす恐れがあります。
  良好な景観形成や、公衆に対する危害を防止するために、大切なルールがあります。


 ■ 屋外広告物とは?
 
    広告物には、さまざまな種類があります。また、営利的な内容かどうかは問いません。
   自分の店舗や会社などに表示する「○○店」「○○会社」なども屋外広告になります。
   次の条件を満たしているものは、屋外広告物とみなされます。

   ○ 常時又は一定の期間継続して表示するもの

   ○ 屋外で公衆に表示されるもの

   ○ 看板、立看板、はり紙、はり札、広告塔、広告板、建物その他の工作物などに表示されたもの

 

 ■ 屋外広告物の多くは、許可が必要です

    屋外広告物を表示するためには、あらかじめ許可を受けなければなりません。
   このことは「屋外広告物法」および「岐阜県屋外広告物条例」に定められています。



 ■ このような屋外広告物は違反です
 
   ○ 禁止広告物
     破損、変色したり、倒壊・落下のおそれがあるもの、道路の安全を妨げるもの

   ○ 禁止物件
     歩道橋、信号機、道路上に設けるガードレール、ガードパイプ、街路樹、街路灯、
     電柱に設ける立看板、はり紙、はり札

   ○ 禁止地域
     第一種・二種低層住居専用地域、高速道路の両側500m、都市公園、信号機のある交差点や、
     県道や国道にかかる交差点付近等

     ※ これらは一部除く場合があります

   ○ 許可区域
     上記禁止地域以外はすべて許可区域になります。町の許可が必要となり、未申請の
     場合は、違反となります。さらに、用途地域内外によって大きさの規制もあります。
 
     ※ 以上の区域や地域は、地番等によりお問い合わせいただければ、お調べいたします。
 

 
 ■ 許可期間更新申請時に、点検報告書の提出が義務付けられました。
   
   ○平成29年8月1日以降に期間満了を迎える広告物から対象となります。
 
   ○屋外広告士又は屋外広告物講習会修了者等、有資格者による点検が必要となります。
 
   ○有資格者がいない場合は、外部への委託や講習会の受講等の対応をお願いします。
 
   ○外部委託する場合は、「岐阜県登録済屋外広告業者一覧」を参考にしてください。
 
   ○点検報告書の様式及び記載例はこちら(Word)(164KB)からダウンロードできます。
 


 ■ 違反広告物には罰則があります

    禁止物件に屋外広告物を設置したり、無許可で屋外広告物を掲出したりしている場合などには、
   県の条例により、違反者に50万円以下の罰金が科せられます。
   「自分が出している広告物は、表示ができる場所なのか?」「自分が所有している土地を貸して
   広告物が建っているが、申請はされているか?」「許可申請は必要ないか?」など、ルールを
   確認する必要があります。
    屋外広告物を表示する前に、必ず建設課にお問い合わせください。
 
 
 
 ■ 各種申請書
 
   〇 新規申請をしたい場合は、屋外広告物許可申請書(Word)(49KB)
 
   〇 広告物の内容や大きさに変更があった場合は、屋外広告物変更許可申請書(Word)(34KB)
 
   〇 管理者を変更した場合は、屋外広告物申請者(管理者)変更届(Word)(35KB)
 
   〇 広告物を除去もしくは移転する場合は、屋外広告物改修(移転、除去)届(Word)(33KB)
 
 
 
 ■ 問い合わせ先 
 
   御嵩町役場建設課管理係(内線2171)  
 


※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > くらし・環境 > 屋外広告物について
トップへ