トップ > 税金・保険・年金 > 保険証、高齢受給者証をなくしてしまったときは
トップへ
保険証、高齢受給者証をなくしてしまったときは
 保険長寿課(管理番号2361)   更新日:2017年6月26日

 保険証(被保険者証)や高齢受給者証をなくしたり、汚したりしてしまったときは、これらの再交付申請ができます。

 国民健康保険の窓口にお越しください。本人または同一世帯の方であれば申請できます。

 次のものを持参してください。
 @印鑑
 Aマイナンバーカード個人番号カード(注)

※ 社会保障・税番号制度の開始にともない、平成28年1月1日以降の国民健康保険の各種届出等にマイナンバー
 (個人番号)を記載していただくことになりました。
   手続きの際は、個人番号及び本人確認のため
マイナンバーカード個人番号カードをお持ちください。

(注)マイナンバーカードをお持ちでない場合は、次の書類等で個人番号確認、本人確認をさせていただきます。
    @通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
    A次のいずれか
     <顔写真付きの身分証明書> 1点
      運転免許証、パスポート、住基カード、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
      雇用保険受給資格者証 など
     <顔写真なしの身分証明書等> 2点
      医療保険証、年金手帳・年金証書、介護保険証、福祉医療等受給者証、官公署発行の本人宛郵便物、
      氏名・住所が記載された公共料金等領収書 など     

▼申請書はこちらからダウンロードできます。

 被保険者証・高齢受給者証 再交付申請書(PDF)(40KB)


関連情報1: 後期高齢者医療〜保険証について〜(保険長寿課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 保険証、高齢受給者証をなくしてしまったときは
トップへ