トップ > 税金・保険・年金 > ジェネリック医薬品について
トップへ
ジェネリック医薬品について
 保険長寿課(管理番号2176)   更新日:2013年4月19日

◆ ジェネリック医薬品について...

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、同等の品質で製造販売される同じ成分の薬です。効き目や品質、安全性は同等ですが、価格は先発医薬品の概ね7割以下で、大変安いのが特徴です。

  国民健康保険では、平成25年度より、被保険者の方に処方された先発医薬品をジェネリック医薬品に変更した場合に薬の自己負担額をどれくらい軽減できるかを試算したお知らせ(はがき)をお送りします(年2回 6月・12月)。

 差額通知は、主に軽減額の大きい方に行っています。また、医薬品の種類や投与期間などによる絞込みを行っています。

 

  ジェネリック医薬品への切換えは、医師・薬剤師にご相談ください。
 (変更できない薬もあります。)
   

 

 ジェネリック医薬品に関するお問い合わせは、はがきに記載されたコールセンター(0120-53-0006)をご利用ください。

 また、詳しい内容については、政府広報オンライン(ジェネリック医薬品) をご覧ください。

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > ジェネリック医薬品について
トップへ