トップ > 健康・福祉・介護 > 介護サービスにかかる費用
トップへ
介護サービスにかかる費用
 保険長寿課(管理番号2099)   更新日:2015年3月20日

 

 ケアプランに基づいて介護サービスを利用する場合、原則としてかかった費用の1割をサービス提供事業者に支払います。(各サービスにかかる実際の費用はそれぞれの事業所・施設にお問い合わせください。

 

在宅サービスにかかる費用

 

 介護保険では、要介護状態区分(要支援1・2、要介護1〜5)に応じて、1ヶ月の在宅サービスにかかる費用

上限額(支給限度額)が定められています。この金額の範囲内では、実際にかかる費用の1割を負担することで

ービスを利用することができます。(上限額を超えた場合、超えた分の全額が自己負担になります。)

 

 

要介護状態区分

上限額(支給限度額)

要支援1

50,030

要支援2

104,730

要介護1

166,920

要介護2

196,160

要介護3

269,310

要介護4

308,060

要介護5

360,650

 

 

 

施設サービスにかかる費用

 

 施設サービスを利用した場合、実際にサービスにかかる費用の1割を負担するほか、別途に以下の費用の負担があ

ります。

 

 

・介護保険施設に入所した場合   → 「食費」「居住費」「日常生活費

・短期入所サービスを利用した場合 → 「食費」「滞在費」「日常生活費

 

 

 基準となる費用額は以下のように定められています(1日あたり)。なお、実際の費用は施設によって異なります

 

利用者負担段階

施設・部屋の種類

居住費

(滞在費)

食費

合計

基準費用額

利用者負担第4段階

 

・世帯の誰かに町民税が課税されている方

ユニット型個室

1,970

 

3,350

ユニット型準個室

1,640

 

3,020

従来型個室

老健・療養型

1,640

1,380

3,020

特養

1,150

 

2,530

多床室(相部屋)

320

 

1,700

 

 

 

 ただし、世帯の所得の低い方は、申請によりこれらの費用の負担が軽減され、費用額の上限が以下のようになります。(負担限度額の認定)

 

 

利用者負担段階

施設・部屋の種類

居住費

滞在費

合計

利用者負担第1段階

 

・生活保護受給者

・非課税世帯で老齢福祉年金を受けている方

ユニット型個室

820

 

1,120

ユニット型準個室

490

 

790

従来型個室

老健・療養型

490

300

790

特養

320

 

620

多床室(相部屋)

0

 

300

利用者負担第2段階

 

非課税世帯で本人の課税年金収入額と合計所得金額が合計80万円以下の方

ユニット型個室

820

関連情報2: ねたきり高齢者等介護者手当支給事業(保険長寿課)
関連情報5: 介護サービス提供事業所(保険長寿課)
関連情報6: 御嵩町の平成27年度介護保険料(保険長寿課)
関連情報7: 介護保険料の納め方(保険長寿課)
関連情報8: 介護サービスに関するお問い合わせ(保険長寿課)
関連情報13: 2年間学費無料で介護福祉士を目指しませんか(まちづくり課)


【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 健康・福祉・介護 > 介護サービスにかかる費用
トップへ