トップ > くらし・環境 > 下水道の受益者負担金
トップへ
下水道の受益者負担金
 上下水道課(管理番号206)   更新日:2012年1月27日

 ★★★ 下水道の受益者負担金 ★★★

 公共下水道整備工事が完成し、その地域の皆さんが公共下水道へ接続いただきますと
、その排水区域内は悪臭や蚊(か)の発生源であった水路等水質が良くなり清潔な環境
に変わります。また、どこのご家庭でも水洗トイレが使用できるようになり、衛生的で
さわやかな生活ができるようになります。しかし、下水道の整備には、多額の費用が必
要となります。この財源は、国からの補助金と起債(借金)で賄いますが、このうち町
で負担する費用は、起債(借金)の返済を含めて税収入などで賄うことになります。
 この税金は、町内全域の皆さんから納付いただいたものですから、下水道の恩恵を受
けない地域の皆さんにも負担していただくことになり、『税の不公平』となってしまい
ます。そこで、公共下水道の整備が完了した地域の皆さんを受益者として整備工事費(
建設費)の一部を負担していただくのが『受益者負担金』です。



 Q 負担金の対象者は・・・?

 A 下水道整備区域内の道路と河川等を除いた全ての土地が対象です。

 
 Q 受益者負担金を納めていただく人は・・・?

 A 下水道整備区域内に土地を所有している方が対象です。
   
   ただし、その土地を賃貸している場合は、当事者同士で話し合い、受益者となる
   方を決めていただくことになります。

 
 Q 受益者が変わった場合は・・・?

 A 土地の売買等で受益者が変わった場合は、新しく受益者となった方に負担金を納
   付していただくことになります。  
   直ちに、ご連絡を下さい。

 
 Q 負担金には『猶予』や『減免』はありますか・・・?

 A 負担金は、全ての土地に対して賦課されますが、土地の地目や利用形態によって、
   負担金の徴収猶予や減免の措置があります。

   ○ 農地や山林などは猶予の対象なります。
   ○ 自治会の集会所用地や社寺、学校などは減免の措置があります。
   注 家庭菜園や店舗等の駐車場は減免や猶予の対象となりませんので、ご注意下
     さい。


 Q 負担金の額は・・・?

 A 負担金は、土地の面積に応じて賦課されます。

   ○ あなたが所有している土地の面積に1平方メートル当りに450円を乗じて
     算出額が、その土地の受益者負担金となります。
   ○ 受益地が、自己の居住の用に供している一団の土地で500平方メートルを
     超える場合は、以下の区分が適用となります。

     @ 500平方メートルまで・・・・・・・・・・450円
     A 501から700平方メートルまで・・・・・350円
     B 701平方メートル以上・・・・・・・・・・250円

 ★ 受益者負担金の計算方法 

   ※※※ 土地の面積 × 450円 = 受益者負担金
                     (100円未満端数は切り捨て)

   例1  330平方メートル(約100坪)の土地を所有されている場合。
       その負担金は額は・・・?
      
        330平方メートル × 450円 = 148,500円です。

   例2  825平方メートル(約250坪)の土地を所有し、これが、自己の
       居住の用に供している一団の土地の場合。
       その負担金は額は・・・?

      500平方メートル × 450円 = 225,000円 ・・・A
      200平方メートル × 350円 =  70,000円 ・・・B
      125平方メートル × 250円 =  31,250円 ・・・C

       負担金額は、A+B+Cの合計で326,200円となります。

   この受益者負担金は、税金とは違いその土地に1回限り賦課されるものです。


 ★ 負担金の徴収猶予と減免
   土地の状況、受益者の事情や土地の使用目的により、徴収猶予や減免が受けられます。

 ● 受益者負担金徴収猶予基準
   
   @ 土地の現況が田、畑、山林、原野及び池沼である場合(農地等)
    
     猶予する期間 → 田、畑、山林、原野及び池沼以外として使用し又は使用できる
              状況にあると認められるまでの期間

   
   A 災害、盗難、その他の事故により受益者が負担金を納付することが困難であると認
     められる場合。(災害等)

     猶予する期間 → 町長が認定する期間(3年以内)


   B その他実情に応じて、町長が特に徴収を猶予することが必要であると認められる場
     合。

     猶予する期間 → 町長が認定する期間

 
 ※ 徴収猶予の期間中に農地等でなくなった土地は、徴収猶予を取り消しします。


 ● 受益者負担金減免基準

      減免対象               減免率(%)

   @ 公共施設用地             施設によって異なる
   A 自治会が管理する集会所等の用地     100%
   B 公道に準ずる私道及び水路用       100%
   C 文化財の用地              100%
   D 墓 地                 100%
   E 境内地                  75%
   F 生活扶助等を受けている者        100%
   G 公共施設の予定地(道路等)       100%

 
 ※ 上記等の場合はお申し出ください。


関連資料
 1:下水道事業受益者負担金徴収猶予基準(PDF)
 2:下水道事業受益者負担金減免基準(PDF)
 3:下水道事業受益者変更届書(PDF)

関連情報1: 浄化槽設置整備事業補助金について(上下水道課)
関連情報2: 水道を開始するには(上下水道課)
関連情報4: 水道を休止するには(上下水道課)
関連情報5: 使用する予定のない水道を廃止するには(上下水道課)
関連情報6: 御嵩町上水道工事指定店(上下水道課)
関連情報7: 道路などから水が湧き出しているときは(上下水道課)
関連情報8: 御嵩町の下水道(上下水道課)
関連情報9: 受益者負担金の納付方法(上下水道課)
関連情報10: 宅内工事(上下水道課)
関連情報11: 下水道使用料(上下水道課)
関連情報12: 融資あっせんと利子補給(上下水道課)
関連情報14: 下水道計画について(上下水道課)
関連情報16: 後期高齢者医療制度について(保険長寿課)
関連情報17: 水道料金と下水道使用料の支払方法について(上下水道課)
関連情報18: 医療費が高額になったとき(保険長寿課)
関連情報21: 御嵩町下水道事業受益者負担金の納付方法(上下水道課)
関連情報22: 町営住宅入居者募集のお知らせ(総務防災課)
関連情報23: 平成29年度新エネルギーシステム普及支援補助制度のご案内(環境モデル都市推進室)
関連情報25: 委員会構成(議会事務局)
関連情報26: 財務状況把握の結果について(総務防災課)
関連情報27: 御嵩町上下水道経営比較分析表(上下水道課)
関連情報28: 当初予算の公表(総務防災課)
関連情報30: 水道の凍結防止について(上下水道課)
関連情報31: 組織と業務(企画課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > くらし・環境 > 下水道の受益者負担金
トップへ