トップ > くらし・環境 > 御嵩町の下水道
トップへ
御嵩町の下水道
 上下水道課(管理番号204)   更新日:2016年7月21日

 御嵩町の下水道は、平成8年3月からスタートしました。町内を7つの処理分区
(上恵土、伏見、中、御嵩、上之郷、古屋敷、兼山第3)に分け、順次整備し供用
を開始しています。
 また、御嵩町は独自に下水処理をしておらず、木曽川右岸流域下水道の木曽川幹
線に接続して、各務原市にある岐阜県各務原浄化センターで浄化処理をした後、木
曽川・境川(長良川)へ放流しています。
 
 
 ★★★ 木曽川右岸流域下水道 ★★★

 木曽川右岸流域下水道は、岐阜県が行う事業で、御嵩町を含めた10の市や町の
汚水を処理する下水道です。県が下水道処理場(各務原浄化センター)と流域下水
道幹線管渠を建設し、10の市と町は各家庭などからの汚水を集める管渠網を建設
して県の流域下水道幹線へ接続しています。
 御嵩町の場合には、木曽川幹線に6箇所(上之郷・御嵩・中・古屋敷・伏見・上
恵土)の接続点が設けられています。また、平成8年3月から各整備済地域で順次
供用が開始されています。

 事業主体  岐 阜 県

 関係市町  岐阜市(長森、芥見、日置江、北東部)、美濃加茂市、各務原市、
       可児市、岐南町、笠松町、坂祝町、川辺町、八百津町、御嵩町
       (4市6町)

 計画処理
 区域面積  16,773ha         

 計画人口  466,200人

 計画処理
 水  量  241,815m3/日

 排除方式  分流式

 浄化センター  岐阜県各務原浄化センター(1ヶ所)
 
 処理方式  (標準活性汚泥法・嫌気無酸素好気法・ステップ流入式多段硝化脱窒
        法+凝集剤添加)+急速砂ろ過
  
 放流河川  木曽川、境川流域普通河川

 水処理施設  全体計画 27池

 ポンプ場  岐南ポンプ場、長森ポンプ場、兼山ポンプ場、川島ポンプ場(4ヶ所)

 幹線管渠  木曽川幹線、長良川幹線、芥見幹線、岐阜幹線、飛騨川幹線、
       八百津幹線、川島幹線(総延長約77.6km)

 
 ★★★ 御嵩町の計画 ★★★

 計画処理
 区域面積  935ha

 計画人口  16,800人

   御嵩町では、都市計画区域内の用途地域を中心に、将来市街化が予想される
  7処理分区935haの区域の事業を進めています。

   平成28年3月末現在下水道を利用できる地域は544haになりました。

岐阜県各務原浄化センター

関連情報1: 浄化槽設置整備事業補助金について(上下水道課)
関連情報2: 水道を開始するには(上下水道課)
関連情報4: 水道を休止するには(上下水道課)
関連情報5: 使用する予定のない水道を廃止するには(上下水道課)
関連情報6: 御嵩町上水道工事指定店(上下水道課)
関連情報7: 道路などから水が湧き出しているときは(上下水道課)
関連情報8: 下水道の受益者負担金(上下水道課)
関連情報9: 受益者負担金の納付方法(上下水道課)
関連情報10: 宅内工事(上下水道課)
関連情報11: 下水道使用料(上下水道課)
関連情報12: 融資あっせんと利子補給(上下水道課)
関連情報14: 下水道計画について(上下水道課)
関連情報16: 水道料金と下水道使用料の支払方法について(上下水道課)
関連情報18: 御嵩町下水道事業受益者負担金の納付方法(上下水道課)
関連情報19: 平成29年度新エネルギーシステム普及支援補助制度のご案内(環境モデル都市推進室)
関連情報21: 委員会構成(議会事務局)
関連情報22: 財務状況把握の結果について(総務防災課)
関連情報23: 御嵩町上下水道経営比較分析表(上下水道課)
関連情報24: 当初予算の公表(総務防災課)
関連情報26: 水道の凍結防止について(上下水道課)
関連情報27: 組織と業務(企画課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > くらし・環境 > 御嵩町の下水道
トップへ