トップ > 税金・保険・年金 > 国民年金の保険料
トップへ
国民年金の保険料
 保険長寿課(管理番号162)   更新日:2017年6月26日

国民年金の保険料


 1.保険料の額

   国民年金の保険料の額は、平成17年度から毎年月額280円ずつ引き上げられ、
   平成29年度以降は月額16,490円です。

   @定額保険料
    平成29年度(平成29年4月〜平成30年3月)は、月額16,490円です。

   A付加保険料
    第1号被保険者で将来年金を多く受けたい人は、希望により付加保険料を納める
    ことができます。月額400円です。


 2.保険料の納め方

   年金事務所から送られてくる納付書にて金融機関やコンビニエンスストアで納めてください。
   また、金融機関の口座からの口座振替又はクレジットカードにより納めることができます。
   口座振替の手続きについては役場保険長寿課か年金事務所にお尋ねください。


 3.保険料の納期限

   毎月の保険料は、翌月末日までに納めてください。


 4.保険料の免除制度

   保険料を納めることが困難な人には、保険料が免除される制度があります。
   全額免除、半額納付(半額免除)のほかに、4分の3納付(4分の1免除)と4分の1納付
   (4分の3免除)があります。

   @法定免除
    生活保護や障害基礎年金を受けているときなどは、届出により保険料の全額が免除されます。

   A申請免除
    本人、配偶者、世帯主の所得が低かったり、天災等による損害や失業などにより保険料の納付
   が大変困難な場合、申請により保険料の全額または一部が免除されます。

 5.納付猶予制度

  ●平成28年6月まで
   30歳未満で、本人と配偶者の収入が一定額以下の場合、申請により保険料の納付が猶予されます。
 
  ●平成28年7月から
   納付猶予の対象が50歳未満までに拡大されました。

 6.学生納付特例制度

   前年の所得が一定額以下の学生は、申請により「学生納付特例」を受けることができます。
   申請時には、学生証をお持ちください。
 

関連リンク
 1:日本年金機構ホームーページ

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 国民年金の保険料
トップへ