トップ > 税金・保険・年金 > 償却資産にかかる固定資産税(@課税の対象となるもの)
トップへ
償却資産にかかる固定資産税(@課税の対象となるもの)
 税務課(管理番号130)   更新日:2012年4月11日


 償却資産とは

 会社や個人で工場や商店などを経営しておられる方が、その事業のために用いることが
 できる機械・器具・備品等をいいます。

   該当する資産はおおむね次のとおりです。

   T.構築物(煙突・鉄塔・岸壁など)
   U.機械及び装置(旋盤・ポンプ・動力配線設備・大型特殊自動車など)
   V.船舶
   W.航空機
   X.車両・運搬具(貸車・フォークリフト・ユンボなど)
   Y.工具・器具・備品(プレス・応接セット・机など)

   ただし、

   ・耐用年数1年未満の資産
   ・取得価格が10万円未満の資産で法人税法等の規定により一時に損金算入された
    もの(いわゆる小額償却資産)
   ・取得価格が20万円未満の資産で法人税法等の規定により3年以内に一括して均
    等償却するもの(いわゆる一括償却資産)
   ・自動車税及び軽自動車税の対象となるものは課税されません。





  お問い合わせはこちらまで

   ┏                 ┓
     税務課 資産税係        
     電話 0574−67−2111  
     内線 2152・2153     
     Mail zeimu@town.mitake.lg.jp
   ┗                 ┛

関連資料
 

関連情報1: 固定資産税の概要(税務課)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 償却資産にかかる固定資産税(@課税の対象となるもの)
トップへ