トップ > 税金・保険・年金 > 家屋にかかる固定資産税(@評価の仕組み)
トップへ
家屋にかかる固定資産税(@評価の仕組み)
 税務課(管理番号129)   更新日:2012年4月11日





1.新築家屋の評価
 

   固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。
   家屋の構造及び各部分別(基礎・屋根・内外壁・柱・造作・天井・建具・床・及び
   付帯設備など)について使用素材・仕上状況及び面積などを調査します。


 

   新築家屋の評価額

     評価額   =   再建築価格   ×   経年減点補正率 

     再建築価格・・・・評価の対象となった家屋と同一のものを評価の時点におい
              てその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築
              費です。

     経年減点補正率・・家屋の建築後の経過によって生ずる損耗の状況による減価
              等をあらわしたものです。


     この評価の方法では、評価の対象となった家屋と同一のものをその場所に新築
    した場合に必要とされる建築費を求め、この再建築費に建物の時の経過によって
    生じる損耗の状況による減価等を考慮し、家屋の価格を求めています。
    ★そのため、実際にかかった家屋の新築工事費と評価額は一致しません。






2.新築家屋以外の家屋(在来分家屋)の評価

     評価額は、新築家屋の評価と同様に求めますが、その価額が前年度の価額を超
    える場合は、通常、前年度の価格に据え置かれます。
    (なお、増改築又は損壊等がある家屋については、これらを考慮して再評価さ
    れます。)






   お問い合わせはこちらまで

   ┏                 ┓
     税務課 資産税係        
     電話 0574−67−2111  
     内線 2152・2153     
     Mail zeimu@town.mitake.lg.jp
   ┗                 ┛
 

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 税金・保険・年金 > 家屋にかかる固定資産税(@評価の仕組み)
トップへ