トップ > 健康・福祉・介護 > 福祉医療費(母子家庭等)の助成
トップへ
福祉医療費(母子家庭等)の助成
 福祉課(管理番号115)   更新日:2017年8月15日

母子家庭医療費助成制度

 


〇概要

母子家庭の母と子の医療費(保険が適用される医療のみ)を助成します。


 〇対象となる方

18歳までの子を扶養する母と子
  ・父母のいない18歳までの子


 〇助成の受け方

県内の病院で診療を受けるときに、受付で「福祉医療受給者証」を出してください。

 県外の病院では「福祉医療受給者証」が使えないため、一度自己負担額をお支払いいただき、
領収書と印鑑をお持ちのうえ、社会福祉係または各出張所にて返還の手続きを行ってください。
(後日、振込による返還となります)


〇申請に必要なもの
 ・母子家庭となったことの証明書(役場にある所定の様式に民生委員の証明をもらっていただきます)

・印鑑

・保険証

・口座番号がわかるもの

 


 問い合わせ
  福祉課 社会福祉係 内線2121

 

 

 

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。



【満足度】この情報は役に立ちましたか?
役に立った     役に立たない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───
 
【重要度】この情報は重要でしたか?
重要である     重要でない
───┠────
───╂───
───╂───
────┨───

何かあればお書きください




トップ > 健康・福祉・介護 > 福祉医療費(母子家庭等)の助成
トップへ